ホリエモンも参加中!VALUについて調べてみた。

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

株式投資家の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

先日、友人とFacebookメッセンジャーのチャットの中で会話している時に「VALU」という何やら面白げなサービスの情報をもらいましたので、今日はこれについて書いてみたいと思います。

今日は米国株投資とは直接関係ありませんが、ご興味のある方はそのまま読んで頂ければ幸いです。

VALUとは

VALUは「個人があたかも株式会社のようになって、自分の価値を株式(のようなもの=VA:後述)として発行し、取引できる」というかなり新しいサービスです。

https://valu.is/

あのホリエモンやその他著名人も既に登録を済ませているようで、昨日の時点でホリエモンの時価総額は2900BTCとなっているようです。そう、BTCなのでビットコインを決済に使用できるんですね。

発行される株式のようなものはVAと呼ばれます。時価総額については、SNS上の繋がっている友人の数やフォロワーの数によってVALUが自動的に算出する仕組みになっています。その金額をベースとしてVAを発行し、自身の持っている価値そのものをオンラインで取引できるようになっています。

面白いサービスですね。

ここでいうホリエモンのような価値提供者、つまりVA発行者のVAを購入して支援する人たちのこと(株式投資における株主にあたる人たちのこと)を「VALUER」と呼びます。

またVA発行者は実際の上場株式会社のように株主優待に似たような株主還元活動もできるようになっています。要するにここで言えばVALUERに対して一種の優待制度を設定できるわけですね。これによってVALUERは優待を享受することで、発行者の発信する限定コンテンツを覗けたり、タイムラインを見れたりするようになります。

個人を市場で売り込める時代

スポンサードリンク



このVALUの提供するサービスは今の時代を如実に物語っています。

個人が自身の提供できうる価値を、不特定多数の人間にオンラインで発信し客観的な金額(BTC)で評価してもらえるわけです。

インターネットという小宇宙のような毛細血管の中を全く新しいタイプの血液が流れることで生まれたような斬新なサービスですね。

私は今年の3月から当ブログを開始しましたが、最近はGoogleの提供するアドセンス広告のクリック課金型報酬サービスで現金を得られるようになってきました。これは、自分の好きな投資をテーマに好き勝手に思っていることや情報を記事にするだけでも、その記事一つ一つにどこかで価値を感じて頂ける方がいて、見に来て頂けるからなんだと思います。

正直、自分ではそれほどの高い価値のあることを書いている感覚は全く無いのですが、ブログを始めてから自分の感じていることでも知っていることでもそれなりの価値があるんだ、と新しい発見がありました。これは本当に私にとって大きな変化でした。

いつも見に来て頂いている皆さんには大変感謝しております。

このように、個人でも自分の持ちうる全てを形にして、経済的価値に変換できるということを具体的なサービスとして提供し始めたのがこのVALUだと思います。

【米国株のブログランキングサイト】
↓↓米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

まとめ

VALUについては私のよく知らないビットコインや新しい仕組みが色々とあるようなので引き続き研究が必要です。

とにかく目を引くような新しいサービスなので、この時代に生まれた以上どこかで私も参加していきたいと思います。

今日は短いですが、この辺で。

ではでは。

Kabulove

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です