株式投資で目指す資産額と道筋

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

皆さんは、投資を中心とした資産運用で目標にしている資産額はありますか?
私は、ブログの名前にもなっていますが「経済的自由ライフ」を手に入れるための一つの目標として資産額目標を設定しています。

それは、ズバリ1億円です。
これは、日常の生活を送るための運転資金や近い将来の大きな出費に備えた準備金とは切り離した、投資用の純粋な余剰資産としての目標資産額です。

1億円という数字はキリがいいだけでなく、経済的自由ライフを手に入れるための説得力のある数字であると思っています。
そう思う理由として、例えば以下のような事があります。

 

  • 配当利回り3%が安定して見込める業績安定株で運用すれば、単純に配当収入で300万円得られる
  • 1億円で利回り6%の普通の不動産資産であれば家賃収入で600万円得られる

 

上記の例はわかりやすくするために単純な話を持ってきていますが、要はそういうことです。

理屈では分かるけど、知りたいのは「どのようにその1億円を作るのか」ってことですよね。

私にはその答えが出ています。
「株式投資」です。
株式投資で手元の投資資産を1億円まで殖やすのです。
何故、株式投資なのかという点についてはとても一言では書ききれない為、日々の記事で自分なりにそう思う理由を書いていきたいと思います。

因みに、私の投資に回せる投資資産は、現在500万円ほどしかありません。
それを、何とか1億円に殖やしたいと思っています。

ここで、平行して重要な疑問が湧いてきます。
「いつ?」という事ですね。
100歳になって1億円を達成してもあまり嬉しくないですし、そもそもそんなに生きられるのかも分かりません。

これについては、私は「48歳までに」と考えています。
それは2029年までに、という事です。
次の年男になる48歳というのは一つの区切りになります。
それに、まだ50歳前で経済的自由を手に入れれば大したものだと思います。
ただ、500万円の資金を向こう12年間で1億円にするわけですから、

年利28.4%

を継続して「安定的に」稼ぎ出さなければなりません。
これは、並大抵の事をしていては達成できる目標ではありません。
何故なら、単一年度でこの年利回りを達成できる年はあっても「12年間、安定的に」となると急に話が難しくなるからです。

そこで、これからの道筋として、大まかな理想イメージですがとりあえず以下のようなステップを取ることを目標にしています。

  1. 毎月一定額を投資に回しながら国内・新興国を中心に大きな成長が期待できる中・小型株に集中的に投資し、一定の資産額まで一気に殖やす(イメージとしては3,000万円くらいまで)→攻めの投資
  2. ある程度の大きな資産に膨らんだところで配当再投資戦略に切り替える(米国株が有望)→守りの投資

これらの事を実現する為には、株式投資だけでなく、実際にはサラリーマンとしてのキャリアアップ(=収入アップ)、日々の節約マインドの強化、副収入を得るなどの色々な副次作業も実行する必要があります。

12年後に1億円。
かなりチャレンジングな目標ですが、不可能ではないと信じています。
まずはこの数字を頭に叩き込んで、日々の投資活動に励んで行きたいと思います。

Kabulove

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です