ネタ切れに困っている初心者ブロガーさんへ

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

今日は題名の通り、投資とは関係ない話題を少しお話ししたいと思います。投資関連の記事を探されている読者様には大変申し訳無いのですが本日の記事は読んでも意味がないことを、この冒頭部分で先にお伝えしておきます。悪しからず!

私はブログを開始したのが今年(2017年)の3月19日で、ちょうどそろそろ2か月が経とうとしています。最近は、少しずつですがリピートで見に来て頂いている読者さんもそれなりに出てきているようで本当にありがとうございます。

ハンドルネームの通り、私は株式投資が大好きです。

自分の大好きな株式投資をテーマに、自分で日々感じている事や発信したいお役立ちテーマなどを不特定多数の人に読んで頂いて「役に立ったよ~♪」といって頂いたり、逆におかしい点などについて意見を頂けたりするのは、ブログならではですね!これは、SNSでは情報量の面から同じ事をしようと思うとなかなか難しいと思います。

しかし、ブログを書き始めてこの約2か月間に1度、いや2度ほどとある問題に直面した時がありました。

それは、「ネタ切れ」です。

ちょうどGW中の日本滞在中で外国人ゲストのアテンドでバタバタしている時のことでした。あまりブログの事を考える時間が持てなかった時です。日にちで言うと2日ほど、何をブログ記事で書こうかネタが思いつかなかったんですね。大好きな株式投資のブログを運営しているのに「ネタ切れ」を起こすとは自分でも思いませんでした。

これは基本的に毎日更新を心掛けている私としては、非常に困った問題です。しかも、ブログ記事を更新するために使うデバイスがスマホしかなく、かつ鎌倉~東京に戻る途中の電車の中だったりとか、あまり集中できない環境でブログ更新をしないとならない状況だったんですね。

その、鎌倉~東京に戻る電車の中でこの記事を書きました↓

買いたいと思ってる米国株銘柄

2017.05.01

こんなことを言ったら、記事を読んで頂いた読者の皆さんには申し訳ないのですが、上の記事は適当に書きました。「頭の中で買いたいと思っている米国株銘柄をただ羅列する」という極めて単純な内容です。もちろん、内容は本当に買いたいと思っている銘柄の事を書いているので嘘偽りは無いのですが、記事自体はかなり適当に仕上げた、ということです。

ところがどっこい、なかなかどうしてこの記事が(まだ記事数の少ない弊ブログ内ではありますが)人気記事の第4位に入っているんですね(サイドバー参照)。

ところで、上でも述べたように、ブログを見に来てくれる方にできる限り有益な情報や楽しいお話しを発信していきたいと考えてブログを毎日更新しようとしているブログ運営者にとって「ネタ切れ」というのは非常に致命的な問題です。

そこで、今日は私がこのたった2か月の間ではありますが「ネタ切れ」しないように意識してきたことを僭越ながら共有させて頂きたいと思います。特に、私と同じようにブログを初めて間もないブログ・ビギナーズの方々へ少しでも参考になればと思います。

私がネタ切れ防止に心掛けていること

私ができる限り毎日ブログ更新できるように、初心者ながら現在心掛けていることは以下5点です。

  • 「単語」を拾い上げる
  • 「拡張性」と「連想」を意識する
  • 「メモ」を取る
  • 「1記事1コンテンツ」を意識する
  • 「シリーズ化」可能か考えてみる

一つ一つ簡単に見ていきましょう。

「単語」を拾い上げる

これは、日々の生活の中で目にする、耳にする「単語」を拾う作業です。

例えば、ニュースで「副業」という単語を目にしたとします。そうしたら、まず「副業」という単語を何も考えずにメモします。

次に、その単語の定義を確認します。Wikipediaでも辞書でもコトバンクでも「副業」について書かれた書籍でもブログでも何でもOKですので、その言葉の定義を確認します。定義を確認するのは、「副業」という言葉を聞いて今まで自分が頭に漠然と抱いていた理解と、世間で言われる「副業」の本質的定義との間に乖離がないか確認するために行うものです。要するにその単語を正しく理解しているかを確認するんですね。

正しく理解してるとわかれば、あとは他にも単語をとにかくたくさん拾い上げて下さい。そしてとりあえずどこかにメモって蓄積しておくだけでOKです。

単語を拾い上げる元となる媒体は、今の情報社会たくさんあります。具体的には、私の場合以下のようなものがあります。

  • ニュースサイト
  • 書籍
  • いつも訪問しているブログ
  • Twitter
  • 日常の人との会話

「拡張性」と「連想」を意識する

スポンサードリンク



日常生活の中で拾ろい上げた数々の単語たちの中から、自分の最も興味のあるもの、気になるものに着目して取り扱いたい単語に優先順位をつけます。もちろん、ほとんどの方が「好きな事」や「興味のある事」を題材にブログ運営しているでしょうから、これは簡単に優先順位をつけていけると思います。

そうして出てきた優先順位の高い単語に関連して「自分が経験した事」、「自分が考えた事」、「自分が日々思っている事」などを中心に話が拡げられないか、何か関連する話で役に立つ記事にできないかを考えます。

例えば、このブログは「米国株投資で経済的自由を手に入れる」ことを目指すという比較的ニッチなテーマを取り扱うブログですので少なからず「株式投資」や「米国株」、「経済的自由」に興味のある方に見に来て頂いていると思います。

例えば、雑誌を読んでいる時に全く関連性がないと思われる「接着剤」という単語に目がとまったとしましょう。

そうしたら、上の1の通り「接着剤」の定義を調べます。そして、正しい単語の定義が理解できたら、接着剤という単語の拡張性、連想される関連テーマを考えます。

  • 接着剤の世界最大手メーカー調査
  • 接着剤製品の利益率
  • (営業利益率が目だって高かったりしたら)なぜ高利益率なのか
  • 接着剤製品の未来
  • 接着剤ビジネスのベンチャー
  • 接着剤ビジネスの社会的価値

などなど、投資に関連していきそうな話題を見ていきます。そして、それを調査します。調査する事をそのまま記事にもできますね。

拡張性と連想を意識する作業とはこういう感じです。

「メモ」を取る

メモを取るのは、使う単語と拡張的な話や関連性のある話、つまり記事のテーマが決まってから行います。

私は、これを車での通勤中や誰かを待っている間などの少し「手すき」になった時間に行います。iPhoneのメモを使用しています。これは、頭で考えた記事のネタの構成を忘れないようにするためです。

例えば、本記事を執筆する際に私がiPhoneでメモした内容をそのままスクリーンショットにしたものです。

こうしておけば、後で書こうと思っていた記事の構成や内容を後で見てもすぐに復元できて投稿作成をスムーズに開始できます。

1記事1コンテンツを意識する

これは、書籍で読んだのですが結構大事なことみたいですね。

1記事1コンテンツは読者に対して読みやすくする、まとまった内容になるという利点だけでなくGoogleさんのインデックスにも影響してくるようなんですね。

でも、それ以上にブログ運営者としてはたくさん書きたいことをいくつかに分割して1つ1つを分けて記事にすることで「ネタが続く」とう利点があります。

私も、ブログ上で書きたいテーマはたくさんあるのですが、一度に1つの記事で書こうとすると量は膨大にあるし、読みにくいしということで、過去記事でもそういうものがいくつかあったように思います。笑

私もこの「1記事1コンテンツ」は意識していきたい思います。

「シリーズ化」可能か考えてみる

これは、「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」を運営されている「はちどうきゅうどう」さんのこちらのブログ記事から始まる「株式投資による資産運用方針を基本から見直しすることにした」シリーズを見て、そう思いました。

全6段階になっており、非常に体系化されていて面白かったです。

これも、1記事1コンテンツと結びつくところがあるかと思いますが、何か大きなテーマを取り扱おうと考えている時に、何回かにわけた「シリーズもの」にできないかというのを意識することはネタ切れ防止対策になりそうですね。

私はつい文量が多くなる傾向があり、たまに自分でも最終的に何を言っているのか分からなくなっているような気がする記事もあります。笑

そういう時に、この「シリーズ化」の可否は意識して行きたいですね。

【米国株のブログランキングサイト】
↓↓米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

まとめ

少し漠然とした内容になってしまったかもしれませんが、ブログを開始して約2か月で「ネタ切れ」を起こさないように少しでも意識していることを書いてみました。

今後、ブログを続けていくうえで何かよりいいアイデアなどがあればまた随時更新していきたいと思います。

今日の記事は株式投資、資産運用に興味を抱いて訪問いただいた方には全く必要のない情報となって申し訳ないのですが、ブログ運営に関連する記事は今後たまに触れていきたいと思います。

ではでは。

Kabulove

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です