ABBV購入!米国株2銘柄目サクっとご報告

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

明日、日本へ帰国となるため走り書きになってしまいますが、新規の購入銘柄があったので記事にします。

先日、S&P500指数の時価総額TOP100位以内に入るヘルスケアセクター銘柄の中で、最も高配当利回り銘柄として紹介したABBV(AbbVie社)ですが、本日45株を67.46$平均で購入しました。

ABBVに関する記事はコチラ↓

ヘルスケアセクター配当利回り堂々1位はABBV

2017.04.22

購入理由

主な購入理由は以下の通りです。

  • S&P10種の配当利回り順で第7位
  • 今期配当金ベースで配当利回り3.79%の高配当利回り(購入価格基準)
  • 2013年~2016年の4期で平均+9.26%のペースで増配中のところ、今期配当で一気に+12.28%の増配
  • 過去8年の営業利益率が29.26%と高利益体質(当期利益率は平均23%)
  • 業界平均PERが26.4倍に対して予想PERが10.1倍と割安(過去5年のPER推移内で最低水準)
  • 主力商品ヒュミラの第一四半期の米国内売上が+22.8%増加、営業利益率は37%と好調

などなどです。

売上も順調に成長中で直近8年の平均成長率は7.65%となっています。

やはり主力製品が好調に推移しているというのは好感を持てます。世界需要の高まる医薬品を製造しているようなので期待が持てます。

株価も直近は踊り場で70$をスルスルと突き抜けていけるかが注目されます。短期的には55$くらいまでの調整はあっても不思議ではないようなもち合い相場なのでもう少し待っても良かったのですが、一気に新高値を突き抜けて進んでいってしまっても困るので打診買いしています。基本的には配当利回りと今後の順調な成長に期待しているので焦らず、という気持ちを持っていたいと思います。

バフェットの疑似債券理論で期待成長率を計算

スポンサードリンク



ABBVにバフェットの疑似債券理論を適用して5年後の株価予想と今後5年の期待成長率を皮算用してみました。

因みに、自分の裁量で決定するパラメータは下記の通りで設定しています。

  • 設定ROE:86.13%(過去4年の平均ROEですがバラつきはあります。自己資本比率は低いですね)
  • 設定PER:15倍(過去5年の概ねの平均をTradingeconomicsより算出)
  • 配当性向:過去4年の平均値付近。あくまで概算です。
  • 配当成長率:過去4年の平均値9.26%を適用

結果は以下の通りです。

5年後の予想株価は196$、配当金も含めた期待収益率は28.51%と出ました。

かなり良いですね。

しかし、これはROE86.1%という高いROEを維持し続けた場合です。製薬で大手なので研究開発費も超ド級だと思うので、あながち非現実的ではないかもしれません。

とはいえ、少し安全域を考えるならROEを50%くらいに落としておきたいところです。しかし、そうすると期待収益率が一気に10.03%まで落ち込みます。でも個別株で10%の期待利回りが持てるなら悪くないですね。

この辺は深く考えてもしょうがないのでGOとしましょう。

バフェットの疑似債券論があまり適さない銘柄ではありますが、売上はなかなか順調に且つロケットのように一気に上がっていないところが好感が持てますし、なんと言っても主力製品の好調性を評価したいですね。

過去データが多くない会社なのでこれから注意深く見守る必要はあると思います。

これを期に、製薬業界の業界知識を会社知識を増やせれば良いなとも思っています。

ではでは。

Kabulove

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です