米国株 高配当定番銘柄 VZを購入

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

今日は富士山に向かうツアーバスの中からブログアップです。PCを使ってブログを落ち着いて更新できない時などは、速報的に伝えるためにスマホで更新する必要があるので、練習のためにあえてスマホでアップする事も出てくるかもしれません。

ちなみに、私はiPhoneとHuaweiのMate9を日常生活で併用しているのですが、やはりこのiPhoneのカナ入力モードの方がAndroidよりも圧倒的にスムーズで使いやすいですね。

またスマホでアップする場合、予測変換や直近の履歴表示がされるので重宝しています。

ただ、チャートサイトなどで複合チャートを作成して画像クロップを挿入したい時などはスマホでは不便を感じることは多いのが難点です。

さて、話がブログの携帯でのアップに始まってしまいましたが、一昨日に4銘柄目を購入しました。

VZ(Verizon Communications)です。

平均46.1$で65株取得しました。概算で約3,000$です。

高配当利回り、長期投資家にとってはもはや説明不要のポピュラーな銘柄です。

AT&T社と2強を成す、言わずと知れた米国の巨大通信会社で、米国株ブログを案内されている個人投資家さんの間でも保有されている方の多い銘柄ですね。

購入理由

主な購入理由は以下の通りです。

  • 高配当利回り(取得株価基準で5.01%)
  • S&P10種銘柄の第2位(因みに1位はAT&T)
  • 12年連続増配中(年平均増配率は+3.57%)
  • 業界平均PER22.9に対してVZの予想PER11.94倍と割安か(かなり大雑把な判断)
  • 業績は低成長だが安定的

というところです。

この銘柄は大手電話キャリアという事で、ある意味社会インフラを取り扱う会社と言ってもよく、昨日記事に書いた電力会社と同じような位置付けのディフェンシブとも考えています。

昨日記事↓

米国株 電力銘柄TOP4社を見てみる ディフェンシブ銘柄

2017.05.02

また、テレコム2強を成すもう1つの銘柄Tと迷ったのですが、直近の指標の僅かな割安性の違いから今回はVZとしました。ただ、過去32年の2社のパフォーマンスを見ると「ほぼ」一貫してTがVZを上回っているという事実もあります。また、現時点でTはS&P10種のトップに君臨する銘柄でもあります。

VZとTの簡易比較記事↓

米国テレコム2強 VZとT 今買うならどっち?

2017.04.30

おそらく、どちらを買ってもハズレは無いし両方とも高配当、連続増配銘柄なので長期投資向きでしょう。

まとめ

スポンサードリンク



短いスマホアップ記事のため、またしても特にまとめる事もないのですが、これで保有銘柄が4つとなりました。

基本的に高配利回りを目がけたポートフォリオとなっておりますが購入金額はそれぞれ少し抑えてあります。

目先の相場の様子や今後の四半期決算などをゆっくり見ながら適時買い増していきたいと思います。

因みに今保有の4銘柄は下記ご覧の通り冴えませんが…。笑

ではでは。

Kabulove

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です