米国株やっと購入!銘柄第一号は【QCOM】

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

米国株投資に移行してようやく銘柄第一号を購入しました。購入銘柄はタイトルにもある通り、QCOM(Qualcomm Inc.)です。スマホ用半導体と通信関連事業に伴うライセンス事業を行う企業です。

とりあえず米国株投資の記念すべき購入第一号銘柄となりました。

平均約53.2ドルで57株だけ購入してみました。
概算で約3,000ドル強です。

QCOM購入理由

QCOMはCDMAを応用したワイヤレス通信機器の開発、設計、製造、販売を一貫して行う企業です。

主な購入理由は以下の通りです。

  • 本日時点でS&P10種の第3位
  • 予想配当利回り4.28%の高配当
  • 14年連続増配中(過去10年の年当たり平均増配率は+14.5%)→配当貴族狙ってる気配あり
  • ファブレス(半導体)とライセンス収入による高い営業利益率(概ね30%)
  • 盤石・高利益率のライセンス収入が将来も期待可能
  • 未来事業への投資に対する積極性(IoT、自動車分野へのウェイトシフト)
  • 過去10年のPER推移で最低水準(予想PERは11.25倍)→割安性

こんなところです。

まず、QCOMについては下記お二方のブログの銘柄分析記事を強烈に参考にしています。それに自分なりのバリュエーションに対する見方やチャート分析をして購入に至りました。

QCOMの分析記事も書いてみようかなと思っていたのですが、Google検索したところお二方の非常に詳細な分析記事が出てきてので私がここでわざわざ書く必要もないと悟りました。また、このお二方のような詳細な分析記事は私にはとても書けません。笑

QCOMに興味のある方は是非、下記の記事を参考にしてみて下さい。

和波の投資生活ブログ(【米国株】クアルコム(Qualcomm:QCOM)の銘柄分析)
by 和波さん

Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!(【QCOM銘柄分析】クアルコムはスマホ用半導体世界大手の高配当企業)
by Hiroさん

購入理由の最後にある過去10年のPER推移は下に張り付けておきます。

QCOM 過去10年のPER推移(Tradingeconomicsより)

今後の米国株銘柄購入の方向性

スポンサードリンク



今回のQCOMの購入のように、いくつかの根幹となるクリティカルな主要素をパパっと見て購入したいと思った銘柄を愚直に買っていく予定です。

独占禁止法に関するアップルや国からの訴訟絡みの一連の出来事や、昨年480億ドルという目が飛び出るような巨額で買収したばかりのNXPセミコンダクターの今後の事業への貢献度が見えない部分もあり、やや不安要素もありますが基盤になっている稼ぎに大きなアドバンテージを持っている会社と思われるのでその辺は楽観的に相殺して見ています。

他にも監視している銘柄がありますが、今回は主にバリュエーションの面で魅力を感じました。因みに、S&P10種の上位2銘柄はTとVZのテレコム2強ですが、配当性向アップの余力からするとQCOMの方が魅力的だと思いました。

米国株投資へ移行したのは、高い配当利回りかつ安定事業を持つ大型優良銘柄に定常的に元本資金を投下しながら、受取配当金を適時再投資して時間経過による複利効果でできるだけ早く経済的自由を手に入れるためです。

大化けを狙って中小型株に集中投資していた日本株投資時代と違い、ゆるぎない事業と安定的な高配当支払い(できれば増配中)の歴史を築き上げてきた流動性の高い大型優良銘柄に程よく分散していくことが重要です。

とは言え、そのような企業というのはいくら米国株式市場広しと言えどたくさんある訳ではなく、概ね50社くらい?というイメージです。(かなり適当に言っています)

あまり深く考えすぎず、米国株投資へ移行した根拠を忘れずに大枠をとらえるように銘柄を見ていきたいですね。

基本的にはジェレミー・シーゲル先生の長期投資における配当再投資の戦略を柱にしながら、バフェット先生の「経済的な堀」を重視した事業分析とバリュエーションに対する見方に注意して銘柄選定を行っていく予定です。特にバリュエーションは今後の長期的な収益率に大きく影響してくるので事業や配当政策と並んで注意したい点です。

少し割高感のある銘柄が多いので様子を見ながら小出しになっていきますが、買付手数料や為替の関係もあるので当面は5~7銘柄へ分散予定です。

また購入銘柄がでましたら随時記事にしていきたいと思います。

ではでは。

Kabulove

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です