米国株投資ブロガーさん10人の保有銘柄から仮想ポートフォリオを構築!

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

昨日の記事でも少しご紹介させて頂きましたが、私が米国株投資の勉強を進めていく中で多くの学びと感動を与えて頂いているブロガーさんに、「たぱぞうの米国株投資」を運営されているたぱぞうさんがいらっしゃいます。(勝手に何度もお名前を挙げてすみません…。)

そのたぱぞうさんのブログの中で、「誰でもできるアメリカ株投資術、最大多数投資法を紹介する!」という興味深い記事があります。

記事の中で、たぱぞうさんは米国株投資を勉強する際に「投資スタイルが似ていて、7個くらいの参考にしているブログ」をピックアップして、それぞれのブロガーさんのポートフォリオを参考に銘柄選定をする、ということを仰っています。

私は、「実際に米国株投資をされているブロガーさんのリアルな保有銘柄」を参考に自分の仮想ポートフォリオを作成してみるとどういう結果が出るのか知りたくなって早速調べてみました。

その結果、面白い結果が得られたのでここで記事にし、これから自分の米国株ポートフォリオを構築していく上で重要な指標として頭に焼き付けておくことにします。

ちなみに、どうしても7個のブログには絞れなかったので10個の米国株投資ブログ(=10人の米国株投資ブロガーさん)のポートフォリオを私のわかる限りで確認してみました。
(もし最新のポートフォリオに変更があった場合はすみません!)

また、ETFは除いてあります。
全て個別銘柄です。

私が参考にしている10人の米国株投資ブロガーさん

ブログを始めたばかりの分際かつ米国株投資初心者の私が偉そうに、

「参考にしている10人の米国株投資ブロガーさん」

として以下ご紹介させて頂きます。

米国株投資ブロガーさんは他にもたくさんいらっしゃって、Chromeの米国株投資お気に入りフォルダに入りきらないほどブックマークしています…。

投資スタイルの酷似性やブログ運営などで参考にしているなどの観点も含めてよく訪問させて頂いているブロガーさん10人を挙げさせて頂きました。

中にはブログを始められてまだあまり時間の経っていないブロガーさんもいらっしゃって、ブログ初心者の私としては色々と勉強させて頂いております。

10人の米国株投資ブロガーさんの保有銘柄ランキングTOP10

スポンサードリンク



上で紹介させて頂いたたぱぞうさんの記事の方法に従って、10人のブロガーさんのポートフォリオ情報から銘柄別にポイントを算出し、保有銘柄ランキングを作成してみました。

10人全員が保有していた場合は10ポイント、1人しか保有していない場合は1ポイントです。

その結果が以下です。

  • 単独第1位:JNJ(Johnson & Johnson)8ポイント
  • 第2位タイ:PG(Procter & Gamble Co)6ポイント
  • 第2位タイ:XOM(Exxon Mobil Corporation)6ポイント
  • 第2位タイ:MCD(McDonald’s Corporation)6ポイント
  • 第3位タイ:KO(The Coca-Cola Co)5ポイント
  • 第3位タイ:IBM(IBM )5ポイント
  • 第4位タイ:T(AT&T Inc)4ポイント
  • 第4位タイ:MO(Altria Group Inc)4ポイント
  • 第4位タイ:PM(Philip Morris International Inc)4ポイント
  • 第4位タイ:VZ(Verizon Communications Inc)4ポイント

さすがに、言わずと知れた米国の超有名巨大企業がTOP10に登場してきました。

私たち日本人にも非常に馴染みの深い企業ばかりですが、AT&TやVZは直接利用者になったことがないので比較的馴染み薄かもしれません。
両社とも通信会社ですね。

まず、JNJが単独1位です。
ヘルスケアセクターの王様銘柄で時価総額は3,390億ドルという化け物企業ですね。
しかも連続増配年数ランキングの上位に入る常連銘柄で、54年も連続して増配し続けているそうです。

また、特徴として見て取れるのは「一般消費財」にセクター分類される、PG、KO、MO、PMの4社がTOP10内にランクインしていることから、景気動向を受けにくいディフェンシブな銘柄が多いことでしょうか。
また、KOはJNJ同様に54年、PGに至っては何と60年!も連続で増配を続けているという、株主として涙が出るほどの大還元をしてくれている企業です。

やはり上位に食い込んでくる銘柄というのは一味も二味も違う実績を残してきた大企業たちということになるわけですね。

このランキングを元にどう仮想ポートフォリオを組もうか

上の10銘柄を元に、どのように仮想ポートフォリオを組むか。

私は、5銘柄~10銘柄に分散を考えています。

そのままランキングの通りに仮想ポートフォリオを組んでも十分すぎる結果が得られそうですが、タイミングをある程度みて資金を投下していきたいので、まずはこれを確認してみました。

  1. 現時点での高配当利回り順に並べ替えてみる
  2. S&P10種銘柄を列挙する(ジェレミー・シーゲル教授戦略:こちら記事参照)

この2つの要素を加えて上位に食い込んできた銘柄は「即採用」と考えて調べてみました。

現時点での高配当利回り順に並べ替えてみた(参考:Finviz)

このようになりました。

  • 第1位:T 4.83%
  • 第2位:VZ 4.75%
  • 第3位:PM 3.66%
  • 第4位:XOM 3.62%
  • 第5位:KO 3.47%
  • 第6位:MO 3.40%
  • 第7位:IBM 3.25%
  • 第8位:PG 3.00%
  • 第9位:MCD 2.89%
  • 第10位:JNJ 2.56%

なかなか興味深い結果が出てきました。

保有銘柄ランキングで第1位だったJNJは配当利回りでみると10位になりました。
それでも2.56%です。
日本株で言ったらまずまずの配当銘柄に入ります。

そして1位と2位がテレコム・カンパニーというのも興味深いですね。
これは何か理由があるんでしょうか?
調査する必要がありそうです。
それにしても4.5%を超える配当利回りは日本株ではそうそう見つかりません。
さすが、株主を見る米国株式市場。
興奮しますね!

8位まで全て3%超えとは…。
日本株ではまずありえない世界。
アメリカという国の奥深さ、スケールの大きさを見せられました。

S&P10種銘柄を列挙してみた

Finvizを参考に自分で今日時点でのS&P10種を確認してみました。

結果は以下の通りです(配当利回り順)

  • T(AT&T Inc)
  • VZ(Verizon Communications Inc)
  • GM(General Motors Company)
  • DUK(Duke Energy Corporation)
  • SPG(Saimon Property Group)
  • CVX(Chevron Corporation)
  • ABBV(AbbVie Inc)
  • QCOM(Qualcomm Inc)
  • PFE(Pfizer Inc)
  • PM(Philip Morris International Inc)

ここでも、テレコム2強が目立ちます。

GMやCVX、PFEなども10人ブロガー保有銘柄TOP10には入ってこなかったものの、S&P10種ではランクインしてきました。

S&P10種はS&P500採用銘柄の内時価総額上位100位の中で配当利回りの高い10種になります。

つまり、米国を代表する株価指数であるS&P500指数に採用されるような大企業でかつその中のTOP100に入るサイズを誇り、かつ配当利回りが現時点で高い銘柄なので株価が絶対的に安い状態にあるものが含まれている可能性も高いです。

最終結論

私のような初心者にはこれらの結果をどのように使えばいいのか、実は見当がついていません…。

しかし、10人の米国株投資ブロガーさんのうち多くの方が保有する銘柄に選ばれ、かつシーゲル教授のS&P10種に食い込んできた銘柄は以下の3社です。

  • T
  • VZ
  • PM

2テレコム、1タバコという状況です。

10銘柄で仮想ポートフォリオを組むとして、まずこの3銘柄は問答無用で即採用としてみましょう。

そして、10人のブロガーさんの80%が保有しているというJNJはどうにもこうにも外せません。
よって、JNJも採用決定。

あと6銘柄の内、10人ブロガーさん保有銘柄の中で次に配当利回りの高い3社を採用します。
よって、XOM、KO、MOを採用。

残る3銘柄の内、S&P10種から配当利回りの高い2社を採用してみます。
よって、GM、DUKを採用。

そして最後の1銘柄ですが、これは私の個人的な興味で上には一切出てこなかった下記の銘柄を採用してみたいと思います。

それは、CL(Colgate-Palmolive Company)です。
そう、歯ブラシや歯磨き粉、ペットフードなどの日用品を作ってる会社です。

現在まで53年連続増配中、配当利回りは今日時点で2.18%です。

なぜ、CLなのか。

私は、東南アジアを中心にサラリーマンをやっているわけですが、以前滞在していたタイ、シンガポール、そして今よく来ているベトナムでも、スーパーマーケットの歯磨き粉売り場に行けばそこら中に「Colgate」の歯ブラシと歯磨き粉が売っていて、私自身ここの製品の大ファンだからです。笑

特に、ここのヘッドの大きい歯ブラシが気に入っており、海外出張時はまとめ買いして周囲に配っています。



こんな感じで、全てのスーパーマーケット、ハイパーマーケットで歯ブラシ・歯磨き粉コーナーの大部分を占領している高ブランド力の企業ですね。

何故か日本ではこういう歯ブラシを売ってるのを見たことがありません。
絶対売れると思うんですけどね。

少し話がそれてしまいました。

上で紹介したたぱぞうさんの記事では、ブロガーさんの保有銘柄をピックアップしてカウントする時に「個人の主観抜きで」という助言をされているのですが、53年連続増配銘柄に免じて仮想ポートフォリオの中に1銘柄だけこのCLを入れさせて下さい!

というわけで、最終的に10銘柄の仮想ポートフォリオを以下のように組んでみることにしました。

  1. T:テクノロジー(テレコムサービス)
  2. VZ:テクノロジー(テレコムサービス)
  3. PM:消費材(タバコ)
  4. JNJ:ヘルスケア(製薬、日用品)
  5. XOM:素材エネルギー(石油・ガス)
  6. KO:消費材(飲料)
  7. MO:消費材(タバコ)
  8. GM:消費財(自動車製造)
  9. DUK:公共インフラ(電力)
  10. CL:消費材(歯ブラシ・歯磨き粉日用品)

そこそこ業界分散できている方でしょうか。
金融株や不動産株などの景況株が無いですね。
XOMやDUKは一応景況株カテゴリでしょうか。

事業内容はどの企業もシンプルなので、後はPERやPBR、営業利益率や配当推移など比較的代表的な指標を比較してみて細かい検討に入っていきたいと思います。

実際に投資するまでにはもう少し吟味する部分(特にS&P10種)が出てくるとは思いますが、概ねこんな仮想ポートフォリオでもいいパフォーマンスが達成できるのでは、と楽観視してしまっています。

また、気になった銘柄などは随時記事にしていきたいと思います。

ではでは。

Kabulove

以下、S&P10種戦略の関連記事2つです↓

目標資産額の1億円がグッと現実的な数字に!かんたんシミュレーション

2017.04.06

米国株投資に魅せられて 配当の威力を理解する 

2017.04.02

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です