米国株投資 Amazonがアパレル買収するならこの会社?

スポンサードリンク

こんにちは。
Kabuloveです。

先週、Amazonが健康食品やオーガニック製品、調理済みの料理などを中心に取り扱う大手スーパーマーケットチェーンで464店舗を擁するホールフーズ・マーケット(ティッカー:WFM)を1株当たり42ドル、計137億ドルという巨額で買収することを発表し「大手IT企業のリアル店舗事業参入」としてセンセーショナルな話題となっていました。もはや米国株投資に従事する方々にとって知らない人はいないビッグ・ニュースとなりましたね。

この買収ニュースを受けて、被買収側のホールフーズの株価は前日比で約+30%となる大上昇を見せました。買収側のAmazonの株価も前日比約+2.5%と堅調でした。

このような巨大買収ビッグニュースというのは、特に被買収側の業績がそれほど芳しくなく、迷える子羊のような株価でチョロチョロ動いているような時には特に大きなポジティブ・サプライズとして市場で捉えられ、大きく株価が上昇する傾向があります。1日で30%アップなんて夢がありますね。

Market Hackを運営されている広瀬隆雄氏のこちらの記事によると、ホールフーズは経営的には少し曲がり角に来ていたようでAmazonの買収提案を最終的に受け入れたようです。

Amazonは今回このような大きなターニングポイントに差し掛かったわけですが、私は次の買収先はアパレルになるのではないかと考えています。人によってはドラッグストアや他の店舗小売事業も買収対象になりそうだ、という話も出ていますね。

Amazonがアパレル事業を買収するならこの会社?

スポンサードリンク



非公開企業を買収することも十分にあり得るわけですが、上場企業からとなると目立つところでは下記の企業たちでしょうか。因みに、米国会社四季報に登場するアパレル(衣服中心)事業を運営する企業のみ選定しています。

結論から言うと、GPSは可能性がありそうな気がします。ブランド名はGAP。そう、あの誰もが知る、GAPです。ティッカーをGAPとして欲しいところですね。GPSだと全地球測位システムのGlobal Positioning SystemのGPSを想像してしまいます。

AEO、URBN、ANF、GESなどはターゲットとなる年齢層やカテゴリが非常に限定的で業績も全体的に芳しくありません。また、ROSTは買収案として相当高額になるのと、あまりに大衆的なドレス・ファッションの為高級感に欠けており、Amazonのユーザーとの親和性があまりないような感じがします。

GAPは「製造小売業:SPA(Specialty store retailer of private label apparel)」という概念を1986年に提唱し、製品企画・生産・販売まで一貫して行うことでファスト・カジュアルファッションの先駆けとなりました。

足元の業績は可もなく不可もなく。過去10年間ずっと横ばいですが赤字計上はしていません。また配当も15年以上減配していません。

2016年のAnnual Reportによると総店舗数は本家のGAPブランド、傘下のOld NavyやBanana Republicも含めて全世界で3,659店舗(2017年1月時点)となっており全世界に販売網を持っています。

上場来の長期月足チャートと、直近5年の週足チャートです。

直近1年半以上、大体20~30ドル範囲でもち合い相場を形成しています。配当利回りはほぼ4%と、長期で持つにもなかなか魅力的ですね。

時価総額が90億ドル程度なのでS&P500指数採用銘柄で上位に入って来る規模ではないですし(買収発表前のホールフーズとほぼ同額の時価総額)、デザインやコンセプトが飽きられているとは言え、北米・ヨーロッパ・アジアのどこでも十分なブランド力・知名度を持っていますし、業績的にも「迷える子羊」で誰かに買収されたがっているような雰囲気を感じます(偏見ですが。笑)。

バリュエーション的にも悪くない水準まで株価が低迷しており、Amazonのような巨大企業が次の一手で大きなショッピングをするには持ってこいなのかもしれません。

【米国株のブログランキングサイト】
↓↓米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

まとめ

世界最大のネット小売事業を手掛けるAmazonの次の一手は何なのか。

CEOのベゾス氏は昨年から今年にかけてもっともメディアに多く登場している企業経営者と言っても過言ではないかもしれません。

そのベゾス氏が、仮にアパレルの店舗小売に買収進出するならば、GAPが有力なのではないかという小話でした。

GAPは個人的にもデザインは飽きが来ていて斬新が必要と思いますが生地の質や耐久性の面では私も外出用スウェットなどを結構気に入って使っています。

4%の配当利回りを享受しながらゆっくりベゾス氏が振り向いてくれるのを待つというのも悪くない選択肢かもしれません。

ではでは。

Kabulove

米国株のブログランキングサイトです。米国株投資初心者からエキスパートの方まで参考になるブログが盛りだくさんです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です